借地権は相続できるか

借地権というのは相続することができるのでしょうか?借地人が亡くなった際、一般の相続財産と同様に相続人に借地権の相続は継承されます。
また相続税の対象に一部の相続財産としてなります。
譲渡に該当しない借地権の相続の場合は、地主へ更新料や承諾料等を支払う必要もありません。
そのまま契約期間、地代等の契約内容は継承されるため、賃借契約を新たに取り交わさなくても問題ありません。
分割協議や遺言書によって、借地権の継承者が最終的に決定するまでは、相続人は法定相続分の割合あるいは指定で準共有になります。
借地権の遺贈による権利移転に関しては、地主の承諾と承諾料がこのような法定相続とは違って必要になります。

借地権の相続評価額を計算する方法としては、借地権割合を評価額の更地と仮定した時ものに掛けて求めます。
宅地が市街化地域の場合、自用地としての評価額は道路付等の状況や土地の形状を路線価に対して加味して決められます。
例えば、評価額が1億円で、60%の借地権割合の場合は、1億円に60%を掛けた6000万円が自用地としての評価額になります。
このように60%の借地権割合の場合は、6000万円の相続評価額になり、相続税の対象にこの金額がなります。
借地権割合というのは、建物所有のために地主より賃貸借契約で土地を有償にて使っている場合、地域ごとに国税局が決めたものです。
一般的に、借地権割合は高い地価の地域ほど高くなります。
本サイトでは、相続対象になる、そのままは継続される、についてご紹介します。



<特別外部リンク>
借地権の相続評価額を計算する方法など、専門家に相談出来るサイトです => 借地権 相続

Copyright © 2014 借地権の相続 All Rights Reserved.